よくある質問

Q新しい「保険法」で、生命保険の契約はどうなるの?

A. 契約時期によって影響が異なります。
平成22年4月1日に「保険法」という新たな法律が施行されました。
この法律の規定は、原則的に施行の日以降に契約した生命保険に適用されます。
ただし、一部の規定は施行の日より前に締結した保険契約にも適用されます。
平成22年4月以降に結んだ契約には、平成22年4月以降に主契約の更新を迎えた契約も含みます。
実際は、法律にもとづいて改訂・作成された約款によって契約上の具体的な権利や義務が定まります。

Q.生命保険の選び方にポイントはあるの?

A. 生命保険に加入する目的を明らかにする
生命保険の主な機能には、万一の場合の死亡保障機能、病気やケガの入院費用や治療費用に対する保障機能、子供の教育資金や老後の生活資金といった長期的な貯蓄機能などがあります。
生命保険を選ぶポイントは、家族構成や将来の生活設計から見て、必要な保障が必要な期間カバーされているか、という点にあります。
そこで、保険商品を決定する際には、以下の点をチェックすることが重要です。

ポイント1
自分や家族の必要とする保障が何かを確認します。
保障ニーズを明らかにすることで、利用する生命保険の「主契約」と付加する「特約」の種類が絞られてきます。
既に加入している生命保険があれば、その内容も確認します。
ポイント2
保障を必要とする期間はいつまでかを考えます。
ポイント3
保険金や給付金の額は適切かどうかを考えます。
ポイント4
保険料の払込期間と払込金額は適切かどうかを考えます。

Q.若い人にも生命保険は必要ですか?

A . 若い人の中には「自分はまだ若いから保険は必要ない」と考える人も多いかもしれません。
しかし、若い人は病気のリスクが低くても、思わぬケガや事故のリスクはむしろ高い傾向にあります。
元気で活動的な時期だからこその保険選びをしましょう。

Q.「生命保険は若いうちに入ったほうが得」とよく言われていますが本当ですか?

A.  若いうちは、まだ保険は不要ではないかと考えてしまう人も多いのですが、若いうちに保険に入ることで次のようなメリットがあります。
・健康なうちに保険に加入できる。
・保険料が安くなる。
・毎月の保険料の負担が抑えられる。

Q生命保険は、どの代理店から入っても保険料は同じですか?

A. 基本的に、同じ保険会社の同じ商品であれば、どの代理店から入っても保険料は同じです。
生命保険に加入するための代理店にはいくつかの種類がありますので、自分に合った代理店を選びましょう。
値段は同じでもアフターが大事なので信頼できる代理店から入る事をお勧めします。

Qファイナンシャルプランナーは具体的にどのような資格なのでしょうか?

A.  ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)とは、家族の夢や目標実現のお手伝いをする、お金の専門家です。略して「FP(エフピー)」とも呼ばれています。
ファイナンシャルプランナーは「税金」「年金」「教育資金」「住宅ローン」「生命保険」「損害保険」「不動産」といった情報を基に、「住居」「教育」「老後」など、ライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行っています。

Q.免責期間とは何ですか?

A . 免責期間とは、給付金が支払われない期間のことです。
具体的には、以下のような免責期間があります。
・がん保険の免責期間。
・医療保険の免責期間。
・自殺による免責期間

Q.女性疾病特約とは、具体的にどのような病気を保障するのですか?

A. 医療保険などに付加できる特約のひとつで、おもに女性特有の病気や女性の発生率が高い所定の病気を中心に保障します。具体的な保障対象は、保険会社や商品によって異なっています。
また、名称についても「女性疾病特約」「女性疾病入院特約」「女性医療特約」「女性特約」など、各社によって違いがあります。

Q.独身の人にも生命保険は必要ですか?

A. 独身の人は、自分のために死亡保険や医療保険を選ぶ必要があります。
医療保険やがん保険については、実際に自分が思わぬケガや病気で入院することになったときのために、治療費用のほか、仕事を休んだ場合の収入減や、その後の生活費の確保などを考慮して選びましょう。
死亡保険に関しては、少額の保障を中心に備えるのがいいでしょう。

Q.専業主婦にも生命保険は必要ですか?

A. 専業主婦の中には、自分には収入がないので保障は必要ないと考えている方もいるようです。
しかし、もしものことがあったときに、何の保障もなくても家族が今までどおりの生活を続けられるかを考えてみましょう。

Q.保険と共済の違いは何ですか?

A. どちらも、お金を出し合って万一のときに助け合うという点では類似をしていますが、以下の点が異なっています。
・共済とは非営利事業であり、組合員とその家族が加入できる保障(補償)制度 。
・ 共済と保険は、根拠法令や監督官庁、使用している用語が異なる 。
・ 共済のメリットは、掛け金が一律でお手頃になっており、保障(補償)内容がわかりやすい 。
共済のデメリットは、パッケージ商品になっており保障(補償)設定の自由度が低い 。

Q.保険に入るのと預金をするのはどちらがお得ですか?

A. 保険と預金は保障が必要な資金かそうでないかで扱いが異なります。
生命保険は、契約途中で死亡したとしても保険金として満額が支給されますが、預金の場合は死亡までの期間に貯めた額しか遺族へのお金は残りません。
万が一の時、遺族に対して必要最低限のお金を残したいと思うのであれば、生命保険を検討してください。
もちろん、もし今自分が死亡したとしても遺族に対して必要最低限の資金があるという場合は、生命保険に加入する必要はないかもしれません。

Q.「掛け捨て」タイプと「積み立て」タイプはどちらが得ですか?

A. どちらがお得かと言うのは難しい問題です。
どちらのタイプもメリット・デメリットがありますので、まずどちらのタイプがあなたのライフプランにぴったり合うか、検討してみましょう。

Q.契約の「更新」って何?

A. 「更新」とは、保険期間が満了したときに、健康状態に関係なく、80歳までなど所定の年齢の範囲内でそれまでと同一の保障内容・保険金額・保険期間で保障を継続できる制度のことです。

Q.保険は途中で解約すると損をしますか?

A . 解約返戻金(契約を途中で解約した時に戻ってくるお金)がある保険の場合、保険料を払い込んだ期間によっては、解約返戻金が払い込んだ金額を下回る場合もあります。

横須賀市・馬堀海岸駅の保険代理店| LCY (エルシーワイ)
タイトルとURLをコピーしました